楽天カードまーん

楽天カードのCMを見たことのある方も多いかと思うが、楽天カードはすごい勢いで会員数を増やしています。CMでは8秒に一人の申し込みがあるといっていますが、これが今も続いているとしたらすごいことですね。実際に楽天カードではポイントが楽天ポイントとなり、楽天で買えるものに使えるので現金のようなものだ。

実際に今楽天で買えない物の方が少なく、楽天で何でも買えるような時代なので、楽天を良く利用する人であれば楽天ポイント=現金と考えても問題ない。そうなれば、楽天カードを作ればポイントで何でも買えるわけだから変な商品に交換する必要もなく、本当に自分が好きなものにできるのが魅力であろう。これはほかの会社にはできない芸当であるので、楽天の強みを生かしたいい戦略だと思う。

ネットショッピングでは楽天やアマゾンなどが大手として君臨している。もうネットショッピングに疑問を抱く人も少なくなっているだろう。多くの人がネットショッピングをしたことがあると思う。そうなってくれば、ネットショップの規模ではやはり大手にはかなわない。これは現実でも同じであるが、なかなか大手をひっくり返すのは厳しいのが現状である。

そう考えれば、楽天カードの勢いはまだまだ続くであろうし使用する人も多くなっていくと思う。

 

カードの現金化には気をつけて

金融会社からなかなか融資を受けれない人がクレジットカードのショッピング枠などを現金化するというのがありますね。

あれはかなりやばめなのでやめた方がよいと思います。そうはいってもいられないような人が手を出してしまうそうなのですが、現金化できたとしてもそのあとの支払いがかなりきつい。会社によりますがかなりグレーなので本当にやめた方がよいと思います。

でもこういう事例をみると本当にいろいろと考えるなと思いますね。ビジネスって何でもそうなんでしょうけど、金融で貸せないとなると法律の穴をついてこういうビジネスを始める。確かに違法ではないようなので(グレーぞーんっぽいですが)できないことはないですが、良くこういうアイディアを思いつくなと思う。実際にこれだけに限らず本当に良くアイディアが出る人はすごいと感心しますよ。アイディアを思いつくだけでも駄目だから、それを実行できる力もないといけないからね。そういう人たちが実際に成功していくんだろうなと思う。話はそれたが、カードの現金化はやめたほうがよい。

そこまで追い詰められた状況なら国が何とかしてくれるかもしてくれないし、一度役所などに行って相談してみるとよいだろう。

話は変わるがなでしこが劇的勝利をおさめた。次は決勝だ。ここまできたのだから最後も勝って終わってほしい。

 

ポイントの失効

久しぶりに言ったお店でポイントカードはありますかといわれ、探して出したらポイントはもう失効してますねと言われた経験のある人は多いと思う。

ポイントには多くが期限が設定されており、発行日より一年とか最終利用日より半年とかお店やカードによってもさまざまである。実際にポイントは発行されているお店で使えば現金のように使えるので大変お得であるが、失効してしまった時はいいようのないむなしい気持ちになることもある。結構貯めていたならなおさらだ。

当たり前のことであるがポイントは自分自身でしっかりと管理しないと失効などしてしまう。ポイントを失効させないためにはこまめに確認するということも大事であるが、ポイントカードを作らないというのも一つの手段となる。かなり逆説的にはなるが、ポイントカードを作らなければポイントは失効することはない。つまりポイントが失効するくらいあまり使わないお店のポイントカードは作らない方がよいのである。そのほうが財布やカードケースも余裕が出るし、ポイントカードありますか?と聞かれたときに一生懸命探す必要がなくなる。

なのでポイントを失効してしまうようなカードは作らないことが一番であると感じた。

 

WAONの勢いがすごいらしい

イオン系列で使える電子マネーカードのWAON(ワオン)の発行枚数が4000万枚を超えたというニュースを見た。この数字はスイカに肉薄らしい。一人で複数枚作れるので単純に4000万人が作ったというわけではないだろうが、すごい数字である。一人で複数枚作るメリットもないはずなので、紛失したとかまたは好きなデザインが出たためとかだろうか。

昔WAONを作った時はデザインは数種類しかなかった。しかし今となってはご当地WAONなどいろいろなデザインがある。昔のシンプルなデザインのカードを持っていたとすれば他のデザインが気に入って買いかえるということをする人もいるだろう。

WAONを導入する店舗は増えていて、使いやすいというのも人気の秘訣であろう。チャージも簡単だし、決済もすごく簡単である。決済時の「ワオン」という鳴き声もなかなか良い。

決済が楽ということは小銭がよくでる買い物であれば主婦はとてもうれしいだろう。ワオンカードをかざすだけで決済ができるのだから本当に楽だ。チャージも千円などの紙幣で行うために楽である。

ただし紛失には注意が必要である。それは現金も同じで落としたら終わりなのでそこまで変わらないか。

またWAONが受けいれられる理由としてはポイントがたまることにもあると思う。普通に買い物をしていて、決済をWAONにするだけでポイントがたまっていくのである。これは日常生活で食料品などを買ってポイントが付くのだからとてもうれしい機能だ。

なんにせよ人が便利でポイントなども付くお得感があれば人気が出ることを証明した。

 

 

 

カードが多すぎる

昨今はポイントだのなんだのでカードが多すぎる!どこにいっても「カード作りませんか?ポイントがたまってお得ですよ!」などと言われこちらとしてもお得ならと思ってカードをつくる。これを繰り返すと膨大な量のカードが財布の中に入ることになる。たまにポイントカード整理などを行わないとえらいことになりそう。Tポイントとかぽんたとかああいう大きなポイント系は攻めてまとまってくれればかなりありがたいんだけど。

それぞれのお店のポイントをまとめられるシステムがあれば便利なのにと思う。だれでもそう思うだろうが。ただしもしそんなシステムができればポイントの盗難なんかも一気に増えるだろうと思う。一つのアカウントに全てのポイントが詰まっていると、そのアカウントを乗っ取られたらポイントは全て持っていかれる。管理もインターネットを介して行うであろうしサイバーテロでポイントが盗まれるという事態がたくさん出てきてしまうように感じる。

ほんと一長一短なんだけど、カードに関してはしっかりと管理できる能力がないといけない。良く使うお店などはしっかりポイントをためるために持ち歩かなければならないが、あまり使わないお店は持ち歩かないとか、カード自体を作らないようにしなければならない。

ポイントカード以外にもクレジットカードも種類がすごく多いのでしっかりと管理しないといけない。クレジットカードこそ悪用される可能性が高いので紛失には十分に注意する必要がある。

使わないカードは解約するなど自分自身でカードをしっかりと管理するしかないな。